アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉、シオニストへの忠誠を誓う

كويزومي ,,,, صهيونيا

小泉、シオニストへの忠誠を誓う

日本では問題にされていないようだが、イスラエル訪問中の小泉首相がキッパというユダヤ教徒の帽子を被り、ホロコースト博物館を訪問している写真がアラブ人、イスラム教徒の激憤を買っている。12日付のイラク・パトロールは激しい口調で論評した。
------------
 日本の首相、小泉はシオニストへの忠誠義務を果たした。小泉を含むシオニストたちが向かう地獄の業火を象徴する火を崇拝すべく、ユダヤ教徒の帽子を被ってシオニスト政体(イスラエル)のホロコースト博物館を訪問している。

 中東における日本の役割を強化することが訪問の理由だ。無論、それを実行するには、テルアビブを経由しなければならない。
----------
【読者の書き込み】 この男は最も下劣な米国の尻尾で、米国人の最も忠実な犬だ。

http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=15659  写真付き
-----------
小泉訪問の露払いとして訪問した相撲取りたちも同じ行動をとり、現地では問題になった。
スポンサーサイト

助けて!泥棒が我が家に アラウィの妻が亭主にSOS電話

3月17日付のイラク・パトロールが紹介した風刺小噺。

 イラクの首都バグダードの要塞、グリーン・ゾーンで開かれた国民議会での荒れ狂う会合で、アルカミー(米国の手先ども 後述)たちが熱い論戦にふけり、抵抗勢力からロケット攻撃を受けている最中、アラウィ首相の携帯電話が鳴った。

 電話を掛けてきたのは怯えた彼の妻だった。「助けて、早く来て! 我が家に泥棒が入ったのよ」

 アラウィは大いに驚き「そんな馬鹿な。あり得ないよ。だって皆が今ここに集っているんだよ」 
http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=8487
****
「アルカミー」については以下を参照。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/5929/1114369720/3
****
【翻訳のお願い】 Okinawa: We'll never let them build a base here  日本占領と沖縄 「AFP」
http://iraqtunnel.com/php/index.php?showtopic=624
著名サイトのイラク・パトロールの今日の議題が、この記事を廻って「イラクは沖縄のようになっていいのか」です。
****
【短報】
*イラクの米軍、抵抗勢力のモスル攻撃を取材中のAPテレビカメラマンを無差別発砲で射殺、一人は負傷 イラク警察軍はロイターのモスル事務所長を拘束 「qp」 【敗北を報道されたくない】

*タリバン崩壊後、初の不倫女性に対する石投げ刑 「ロイター」
英文は http://www.islamonline.net/English/News/2005-04/24/article07.shtml

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

コーヒーショップでコーヒーカップの中に虫を見つけたら何が起きるか? アラブの小噺

 4月5日付けのイラク・パトロールが紹介したヤフーのメーリング・リスト「パレスチナを愛す」から転載した小噺。

 コーヒーカップの中に虫を見つけたら何が起きるか?
 英国人は、カップを通りに投げ付け、その店を出る。
 アメリカ人は、虫をつまみ出し、コーヒーを飲む。
 中国人は、虫を食べて、コーヒーを飲む。
 イスラエル人は以下のように手が込んでいる。
1)コーヒーをアメリカ人に、虫を中国人に売り付ける。
2)全ての報道機関に、イスラエルの安全が危機に晒されていると泣き喚き、
3)パレスチナ人のせいだと非難し、
4)生物兵器を使ったとヒズブッラーとハマース、シリア人、イラン人を非難する。
5)ヒットラーのホロコーストによるユダヤ人の災難と、反セム(ユダヤ人)運動や人権侵害問題を喚き続ける。
6)コーヒーカップに虫を入れることを止めるようパレスチナ人に要求する。
7)ヨルダン川西岸とガザ地区を再占領し、農地をブルドーザーで押し潰し、家屋を破壊し、水と電気を断ち、パレスチナ人であれば誰彼構わずに発砲する。
8)米国に緊急軍事援助を要請する。
9)別のコーヒーカップを購入するために、100年間で返済する10億ドルの借款を米国に要請する。
10)補償として、今世紀終了まで無料でコーヒーを飲ませるようコーヒーショップの持ち主に義務付ける。
http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=8872
*****
【短報】
*エジプトの社会・犯罪研究国民センターの調査:エジプト人がお気に入りのアラビア語衛星テレビは、アルジャジーラが60.4%で一位、以下MBCが38.7%、ARTが32.4%(複数回答可) 高視聴率テレビの理由は、自由と勇気ある報道姿勢 「qp」
http://www.qudspress.info/data/aspx/d20/11970.aspx

*バグダード北方でのブルガリアのヘリ撃墜は抵抗勢力が初使用の高性能エネルギー・ロケット弾 「WP」

*イラクのクルド人はジャーファリー首相の引き降ろしを狙う 「NYT」

*アルジャジーラ衛星テレビが民主主義を鼓舞する記録番組を支援する基金創設 シリア、パレスチナで反対も 予算は不明 「AFP」

*イラク内務省:イラクで5万人の傭兵が60の外国「警備会社」で働く 米軍に次ぐ規模 「イスラム通信」
http://www.islamicnews.net/Document/ShowDoc01.asp?Job=&TabIndex=1&DocID=76338&TypeID=1&SubjectID=0&ParentID=4226
****
【抄訳のお願い】 米国の残存原油埋蔵量は10年 「アジア・タイムズ」 The Shadow Iraqi Government
赤文字前後の部分だけでもお願いします。
http://iraqtunnel.com/php/index.php?showtopic=610
****
【お願い】イラクの著名ニュースサイトが、英語で書かれた「イラク戦争に対する日本人の立場」を示す記事を求めています。適当な記事、評論を見つけたら、世話人までご連絡願います。

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

大衆に国家を頼らせるために、無辜の民間人、女性、子供を攻撃せよ 「西欧諜報機関の秘密作戦」

モスコー・タイムズ コンテキスト グローバル・アイ掲載記事

剣劇:グラディオ作戦 2005年2月18日 クリス・フロイド

「民間人を、人々を、女性を、子供を、無辜の人々を、あらゆる政治的ゲームとは縁もない、名も無き人々を攻撃しなければならない。理由はきわめて単純だ。一般大衆を、より大いなる安全を求めて、国家を頼らせるようにする為だ。」

これはグラディオ作戦、つまり西欧の謀略機関が操る、自国民達に向けたテロリズムとペテンという何十年も続いている秘密作戦の本質だ。列車の駅、スーパーマーケット、カフェや事務所に対するテロリスト攻撃によって何百人もの無辜の人々が殺されたり、かたわにされるが、そのテロ行為は「左翼の破壊活動分子」或いは他の政敵のせいにされる。その狙いは、グラディオのスパイ、ヴィンセンゾ・ヴィンシグエラによる上記の宣誓証言に述べられている通り、狙った敵を悪魔のように見せかけ、大衆を怯えさせて、政府指導者と仲間のエリート主義者達の、強化しつづける権力を支持させるようし向けることだ。

イタリアの首相ジュリオ・アンドレオッティが1991年に初めて明らかにしたグラディオ(ラテン語の「グラディオ=剣」が語源)は、今日も依然として創設者のCIAとMI6によって守られている。それでも、イタリア、スイスとベルギーの議会による調査によって、過去数年間に真実の断片がいくつか明らかになった。これらはCommonDreams.org.のリラ・ラジヴァが報告しているように、ダニエル・ガンサーの新刊書「NATOの秘密の軍隊:グラディオ作戦と西欧におけるテロリズム」に纏められている。

本来、ソ連が西欧を侵略した場合に、国境線の背後で活性化されるべき秘密細胞のネットワークとして作り上げられたグラディオは、あっという間にNATOとワシントンによって率いられる政治的抑圧と操作の手段へと進化した。右翼の民兵、暗黒街の大物、政府の煽動者や秘密の戦闘部隊、グラディオはイタリア、フランスや西独のような民主国家において、広範にテロリズム、暗殺や選挙破壊工作を行ったばかりでなく、スペインとポルトガルではファシストの圧政を支持し、ギリシャの軍事クーデターを幇助し、トルコにおけるクルド人抑圧を手助けした。

ガンサーが暴き出した「決定的証拠」の中には、国防総省の文書で「共産主義者の破壊工作」に対して「十分効果的に対応しようとしない」国々においてテロリスト攻撃を立ち上げる方法を詳細に説明している戦場マニュアルFM30-31Bがある。皮肉なことにこのマニュアルには、最も危険な瞬間は左翼の連中が「武力の使用を放棄して」民主的な手順を受け入れた時にやってくると書いてある。その時にこそ、「アメリカの諜報機関は、ホスト国の政府と世論に、反乱分子の危機の真実を知らしめる特別作戦をたちあげる手段を持っている必要があるのだ」。当然ながらこうした平和を絞め殺す「特殊作戦は極秘に留めておかねばならない」と文書は警告している。

実際、1980年8月2日のボローニア駅爆破で粉々にされた85人の家族が、愛する人々が、イタリア議会が2000年の調査の後で結論づけたように「イタリアという国家組織内部の連中や...アメリカの諜報機関とつながる連中」に殺害されたことを知っても、何の役にもたちはしない。

ボローニャの残虐行為は、グラディオ作戦の大家たちが「緊張作戦」と呼んでいるものの好例だ。恐怖を醸成して、国民を絶えざるテロリスト脅威のとりこにとどめ、守ってくれる「強力な指導者」を求めさせるのだ。また、ラジヴァが述べている通り、この戦略は対西欧に限定されてはいない。レーガン及びブッシュ政権により不気味なほど効果的に中米において適用された。1980年代、右翼暗殺者集団、アメリカによって武装され、訓練され、備品供給を受けたゲリラ軍と国家保安部隊が、地域一帯において何万人という人々を殺戮したが、衝突に対する平和的な解決がまさに根付こうかという時に限って、とりわけ残虐になることが多かった。

先月、国防総省がイラクで同様な計画を考慮中だということが広く報じられた。ただし、イラクの新聞を除いては記事にならなかった事実として、既に少なくとも一つの占領支持派暗殺者集団が作戦遂行中だということがある。国防総省の計画が明らかになった直後、新たな戦闘的集団「サラヤ・イラクナ」が、反乱分子の頭の皮に対し、$50,000にも上るアメリカ・ドルの分厚い札束を提供しはじめたとイラクの新聞アル・イッティハードは書いている。「我々の活動では攻撃相手を注意深く選んだりはしない」と、このグループは約束している。言い換えれば、連中が国家の敵だと考える相手なら、誰でも格好の獲物になるわけだ。

奇妙なことに、国防総省がグラディオ型の作戦をイラクにおいてまさに展開しようとしているよう見えるところに、病院や学校といった民間施設に対するテロリストの非道な挑発的攻撃が突如続いた、とガーディアンは書いている。アメリカによる占領の早急な終了を求める候補者達の名簿を主要な党派が支持した選挙の直後に、際だって世間の目をひく対民間虐殺事件が連続し、絶えざるテロリストの脅威に対して安全を提供すべく、アメリカ軍が無期限に居座る「切迫した必要性」が強調されることとなったわけだ。一方で、ブッシュ派一味は長らく待望していたイラクにおける恒久的基地の建設を続けている。それは新任のイラク人官僚達がアメリカ企業に売却すると約束している石油を守るための砦であり、地政学的な支配上の新たな侵略への足がかりだ。

おそらくこれは単なる偶然の一致だろう。だが、友好的な人民に対し、アメリカのエリートがテロリスト攻撃を指揮したり、醸成した歴史は余りに広範で、根深く、広く認められているので、世界を混乱させる、あらゆるテロリスト行為の素性を我々は疑わざるを得なくなっている。新たな残虐行為がおこるたびごとに、我々はそれが「本物の」テロリストの仕業なのか、あるいは諜報機関による「スパイ」の仕業なのか、それともその両方なのかと考えるよう強いられている。

絶対確実とは言えないにせよ、いにしえのラテン語の問いが、依然として現代のテロリズムという血にまみれた暗闇の真相を見抜く最善の手引きである。それは「Cui bono?(クイ・ボノ)」だ。つま
り、だれが利益を得るのかだ? 「緊張作戦」が、「安全」への鍵を握っていると主張する連中の権力と利益とを意味するものであることは、わかりきっている。クレムリンの大広間からポトマック川堤に至るまで、この冷笑的な作戦こそが現代の支配的イデオロギーであるようだ。

Copyright: Moscow Times
http://context.themoscowtimes.com/stories/2005/02/18/120.html
****
韓国、中国の言い分が全て正しいとは思えませんが、わざわざ相手がいやがる参拝を続ける傀儡首相の態度こそ原因でしょう。

東アジアの諸国との国交関係が危うくなれば、子分はますます親に頼ることになるでしょう。

それはやがて憲法改悪という、新たなアメリカの押しつけとなり、属国として、親分の侵略戦争に対して、金だけでなく、血までも流すようになるでしょう。憲法改悪で儲かるのは、トヨタやら軍需資本だけのはず。

記事にあるように、クイ・ボノ? よーく考えよう。命は大事だよー。と思います。
****
上記は goose さんによる労訳とコメントです。
****
【短報】
*占領反対のスペイン人7人が18日ファッルージャの病院に寄付(1万5千ユーロ)を届けにイラク訪問 カルバラーのHRWからの招聘で訪問が実現 「スペインのイフィー(発音不確か)通信」 【マスゴミは報じないが、日本は外務省が国民の渡航の自由を侵害し、イラクへの内政干渉で一般人のイラク渡航は事実上不能】

*中国外務省、アラブの安保理常任理事国入りを支持をアラブ連盟のアムル・ムーサー事務局長に伝達 「エジプトのアル・ワフド紙」

*オーストリアの人道団体、イスラエルの医師団がパレスチナ人捕虜の拷問に協力と報告書で非難 「アルジャジーラ・ネット」

*イスラエル政府の報告書:ホロコーストで請求できる補償金額は2400から3300億ドル。死者は6百万人 「USA T]

*アンケート:パレスチナ人の75%がハマースに、19%がファタハに投票 「YA」

*イラク人国会議員を殴った米兵はイスラエル人だと暴露したことで議員が暗殺されかけた 「アルラビ0ヤ衛星テレビ」

*米大使館に近い筋:米国はイラク武装勢力とアンマンでの交渉を希望 ある部族長がバグダードでの会談のお膳立てをする用意があると表明したことがある。旧政権関係者との会談は過去に開かれたが戦闘停止には失敗。アラウィが開催を呼び掛けている祖国統一会議が6月にバグダードで開かれる可能性あり。アラウィ政権の高官たちは武装勢力を「高貴な抵抗」と表している。「モヒート」

* 米国の機密情報をイスラエルに漏らしたユダヤ系ロビー団体「アイパック
AIPAC 」の幹部2人が更迭さる AIPACの重大な変化 「WP」

*先週殺された米国救援組織の職員は米軍が保持するイラク人死者の正確な記録に関する情報を掴んでいた 「インディペンデント IP」

*イラクの若者、失業と爆破から逃れてネットカフェに向かう 「qa」

*マレーシアの元蔵相アンワル・イブラヒム:湾岸諸国は石油高騰に浮かれるな 「meol」

*中央アジア専門家:中国が東トルキスタンのムスリムを弾圧する理由は石油と核実験が出来る広大な領土(中国全土の17%) 「iol」
****
昨日は頑張ってMLに3本(内1本はブログに)出したが、他にも積み残しが沢山残っている。どれも短くても2ページ、長いと10ページを越える論説記事なので、全文読んで数行にまとめる時間が無くお蔵入りに。

 先日会ったアラブ人の分析は非常に鋭かったので、何を読んでいるのか尋ねたら、エジプトのアッシャーブ紙に寄稿しているムハンマド・アッバースの論説が特にお奨めだという。早速引っ張り出したが何と1論文が122ページもあり、プリント・アウトするのも途中で断念。

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。