アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン爆破事件はイスラムのテロなのか緊張戦略の一環か 『前編』

لندن تعود إلى إستراتيجية الضغط

7月7日のロンドンの連続爆破事件は果たしてイスラム過激勢力の犯行なのか、それとも「テロとの戦い」を呼び掛けるために起こされたものなのか?16日付けのフランスの高級誌、ボルテール・ネットがティエリー・メイサン編集長の著名入り記事を掲載した。
---------
 同盟国側の指導者たちは最近起きたロンドンでのテロリストの爆破攻撃を、所謂世界的なイスラームの陰謀と非難し、テロとの戦いを呼びかけるために再度利用した。だが事実はおのずから物語る。爆発は英国の治安組織が参加した対テロ訓練の数分後に起きたのだ。

 同じことが1980年代にヨーロッパでアングロ・サクソンの諜報機関が、大衆に共産主義の恐怖を植え付けるために犯罪的攻撃を組み立てた時に起きた。この過去の行動を再現するために「文明の衝突」を扇動する戦略を今日復活させるべく、アングロ・サクソンのシークレット・サービスが、、、、、、。
--------
 ある出来事を理解するには、全体の流れの中での事件の位置を掴むことで可能だが、ロンドンの事件は我々の過去の知識に照らし合わせることで、輪郭が見えてくる。

 ロンドンでの攻撃は、「イスラーム主義者が再び文明を破壊しようとしており、マドリードでの攻撃以来、ヨーロッパを攻撃している」と見る者もいれば、逆に「マドリードでの攻撃に続く、これら同盟国の植民地主義への罰である」と考える者もいる。私を含めて第三のグループは「アングロ・サクソンの軍産複合体によって指揮された緊張拡大戦略の一環の新たな介入作戦だ」と見る。

上述の三つの立場の内部論理を検証してみよう。

 同盟国の指導者達と世界の為政者階層にとって、以下の一連の事件は全てアル・カーイダの仕業である。
ニューヨークの攻撃(1993年2月26日)、
サウジアラビアの首都リヤド(1995年11月13日)
サウジアラビア東部のホバル(1996年6月25日)
ナイロビとダールッサラーム(1998年8月7日)
ジェルバ(2002年4月11日)
カラチ(2002年5月8日及び6月14日)
イエメン(2002年10月6日)
バリ(2002年10月12日)
ムンバサ(2002年11月28日)
リヤド(2003年5月12日)
カサブランカ(2003年5月16日)
ジャカルタ(2003年11月8日)
イスタンブール(2003年11月15日及び20日)
アルビル(2004年2月1日)
マドリード(2004年3月11日)
ホバル(2004年5月29日-30日)
イラクのモスル及びラマディ(2004年6月24日)
ジャカルタ(2004年9月9日)
シナイ(2004年10月8日)
サウジアラビアのジェッダ(2004年12月6日)
モスル(2004年12月21日)
マニラ(2005年2月14日)
イラクのヒッラ(2005年2月28日)
ロンドン(2005年7月7日)

 こうした信じ込みは犯行を主張する声明に基づいているが、どれ一つとして実証されたものは無い。

 アル・カーイダの存在を証明する物的要素が欠落しているなかで、一部の同盟国の指導者達は、「アルカーイダとは確立した組織ではなく、分散したグループから出されるさまざまに要求によって形作られるイデオロギー集団のようなもの」と規定している。

 もしもそうであれば、前述の29もの作戦実行者が同じイデオロギーを分かち合っていない限り、アルカーイダは29事件と無関係であると認めなければならない。残念ながらこの考え(アルカーイダの犯行説)が主流で広まっているのだ。大部分の作戦実行犯を特定できておらず、彼らについて我々は何も知らない以上、この仮説が確実であると保障するものは何も無い。

 米国や同盟国から莫大なる財政援助を受けて調査研究している学者たちは、「相互連帯意識を持つ国際的なジハード(聖戦)運動があり、その一部の者たちがこのような攻撃の実行に加わった」と語るが、今までこれらの運動と攻撃との間の明白な相関関係を立証していない。主たる困難さは、信憑性を実証できない犯行声明以外に、それぞれの攻撃に共通性がないことだ。攻撃の実行者全でが「テロリスト」であると実証するものも何も無い。

 事実、(イエメンでの)コール駆逐艦への攻撃は、無辜の大衆に対するテロ行為とはほど遠く、軍事目標に対するものであったし、セルジオ・ビエイラ・デ・メロの命を奪った攻撃は、古典的な政治的暗殺だった。上記リストに含まれる幾つかの攻撃は、ライバル国家同士の過去の清算だ。例えばカラチにおけるフランス技術者への攻撃は、パキスタンへの武器売買からフランス締め出しを狙ったものだし、イエメンの海岸沖に停泊中のフランスの原油タンカー、リンバーグに対する作戦は、フランスに最終原油出荷先をイエメンから変更させることを目的にしていた。

 要するに、こうした攻撃の真の実行者と犯行声明を出した者が同一とする考えは、何ら実証できる根拠に基づいてはいないのだ。それ(同一説)は同盟国に軍隊派遣の拡大を容認する理論的な方法であるようだ。「テロとの戦争」という標語は、宣伝の上で大いに効果的であるが何の意味も無い。テロリズムとは敵ではなくて戦闘の一技術以外の何ものでもない。それゆえ,テロリズムを打ち負かすことは困難であるが、全ての戦場で軍事衝突を継続させるために、この標語の定義せずに使用し続けることはあり得る。

アル・カーイダの仕業であるとされる不明瞭なケースに基づき、現在判明している要素のみでテロ問題を議論すると、常に「テロとは何か」という定義問題に行き着いてしまう。それゆえ「テロリズム」イコール「イスラム教徒」という結果を得て、それにより「世界的なイスラムの陰謀」の被害妄想を作り出すために、例えばコロンビアや中国などで起きているその他全ての攻撃事件は、このテロ議論から外されるのだ。

http://www.voltairenetwork.net/article617.html 英語版
http://www.shabakatvoltaire.net/article1489.html アラビア語版
------
この記事は原文がフランス語であるが、アラビア語訳を主に、英訳を参考にして訳出した。ヴォルテールは徹底した実証主義に基づいて執筆することで知られている。

【アラビア・ニュース】に掲載されたこの他の記事 齊藤力二朗  
* イラク人を跪かせるための占領当局の7段階策略

 イラクの占領当局が抱いている今後の策略とはどのようなものなのか。19日付のバスラ・ネットは、イエメン人著述家のカマール・アブドルガッフール氏のシニカルな評論を掲載した。

* 沈静化から内乱まで イスラエルのガザ撤退後の4シナリオ 『後編』

* サマーワの日本軍基地へ迫撃弾3発 基地内のイラク-日本委員会付近に着弾か

* イラク当局と政党が協力し米政府が多国籍傭兵のテロ組織を支援
 
イラク抵抗勢力に拉致された米軍将校率いる傭兵グループが、米軍がテロ組織を編成したと吐き、近くビデオで公表する。22日付のパレスチナのアル・マナール紙が報じた。

* ローリング・ストーンズ、米国政策を新曲「スイート・ネオコン」で痛烈に風刺

* 憲法というパンドラの箱 「自由で民主主義の」イラクという神話

カウンターパンチ誌 2005年8月19日  GARY LEUPP

* サダム・フセインの写真を党総会で掲げヨルダン・バアス党が再登場

http://groups.yahoo.co.jp/group/arabianews/ 
スポンサーサイト

ロンドン爆破を命令したのはトニー・ブレア 『前編』

MI6元工作員:大手メディアは内部の犯行だという重要な証拠に目をつぶっている

ドイツ、フランクフルト在、マイケル・ジェームズ 2005年7月10日
----------
 グリーンイーグルズ・ホテルで、ぐっすり眠った後、トニー・ブレアはいらいらしたように腕時計を一目見て、ロンドン交通機関の爆破が予定通りに起きるかどうか懸念していた。ロンドン警視総監サー・イアン・ブレアと、MI5の親玉エリザ・マニンガム-ブラーは、しっかり情報を伝えると約束してくれていた。そしてジャック・ストローは、イスラエルはなだめておいたと知らせてくれた。

 ブレアはドレッサーの鏡に映る自分をちらりと見て、みなりを確かめた。イメージ・アドバイザーのキャロルが、ブッシュ大統領の隣に座る時には、あまりいい気になってしゃべりまくらないようと言っていた。「ウインストン・チャーチル風が過ぎますよ。」彼女は辛辣にいった。「人を殺すのは昨日の話。飢えたアフリカ人とレイン・フォレストが、今日の問題です。」もちろん、殺人については彼女は間違っている。善良なキャプラン夫人は、彼の通過儀礼を、少なくとも兄弟団的な意味のそれを決して理解すまい。にもかかわらず、彼は何かを気にしていた。

諜報組織は、厳密にイギリスの問題だと考えている事に対して、モサドが歓迎されざる介入をしてきたので、すっかり不意をつかれた。それがなければ、共謀しているはずの印刷メディアの一面で、「イスラエルは攻撃の二日前にブレアに警告していた」というような見出しが踊ることだけは、どんなことをしても防がねばならなかった。ビヌヤミン・ネタニヤフは、記者会見準備を進め、最初の爆発の後ですぐにスコットランド・ヤードによって「助言」されたことにするだろう。もしもMI5が通勤する人々への攻撃をぐずぐずするようなら、スコットランド・ヤードが事前に警告したと主張するしか選択肢はなかったろうし、ブレア政権は、イギリスの人々が、あからさまなおかしさに気がつかないでいることを願うしかなかったろう。

ロンドンでは、ネタニヤフが治安対策手順を破ってホテルの窓の外を用心深く見守っていた。盗み獲った国の正当な権利をもった人々に対する世界中の怒りを引き起こすために、イスラエル国民に対するテロ攻撃に資金提供し、組織化するのを手助けしてきた自分の長年の経験を振り返りなが、失敗はおきるもので、事が切迫すると幹部職員もうっかり口が滑らせるものだということを考えていた。報道機関の報道は、文句を言ったらすぐに変わるべきだし、世界中が「アル・カイダ、アル・カイダ、アル・カイダ」の大合唱だけを聞くようになるまで、音量はあげておかなければならないのだ。前はうまく行ったし、またうまく行くだろう。異教徒は、アメリカ人であれイギリス人であれ、またもや鼻面を引き回されて事件にかかわる公式版説明を信じ込まされるのだろう。ビヌヤミンは心中くすくす笑ったエリザ・マニンガム-ブラーがでっちあげのテロ集団のために選んだ。馬鹿馬鹿しい「ヨーロッパにあるアル・カイダ組織の秘密グループ」という文句は、マニンガム-ブラーは子供時代にエニド・ブライトンの「名高い五人」やら「秘密の七人」の類の冒険小説だけ読んですごしたのではあるまいかと彼には思えた。そう、そうなのだ、七月七日の秘密の七人だ。なんとぴったりくることか。何とカバラ密教的なことか。

ともかくイギリスは、MI6の渉外係りのセリフによれば、攻撃に「アル・カイダの本当のかおり」を持たせるために、彼が重要なセミナーをする予定だった会場近くでの爆破を主張したのだ。リヴァプール通りの爆破であれば、前ニューヨーク市知事のルディ・ジュリアーニが宿泊していたホテルを吹き飛ばしていたかも知れない。オンタリオの知事、ダルトン・マックギンティも爆心地近くにいた。イギリス政府と金蔓、ロンドン・シティのフリーメーソンアメリカ人やカナダ人にたいしてメッセージを送っていたのだ。「我々は今やテロ・ゲームの支配権を取り戻した。今度はイギリスは本気だ。」と。

だが時計は時を刻み続けているのに、依然として何の連絡もない。「神よ」ネタニャフは静かに唸った。「無知な異教徒と、連中の、のろまなやり方から、我々を救いたまえ」
午前8時40分、「狂犬」スペンサーは、アルドゲート/リヴァプール・ストリート駅行き地下鉄の三両目に乗り込んだ。きたならしいプラスチック・バッグの中にいれたパッケージを残して、自分とタイマーにつながれた強力な十ポンドの爆薬の間に十分な距離を置くようにするには、ほとんど時間がないことを知っていた。ラテックスゴム処置のおかげで、落ちぶれたような表情になっていたが、それがかゆくなり始めていた。カーブルで古いMI6の友人、クライヴ・ニューウエルと一緒にやっていた頃だったら、そんな不具合など、どうということはなかったはずだった。当時はアメリカでの暗号名「ティム・オスマン」として知られていた伝説的なCIA要員、オサマ・ビン・ラディンと引き合わせてくれたのもニューウエルだった。それも昔のことだ。バンク・オブ・クレジット・アンド・コマース・インターナショナルによる特別待遇で、ロンドンから資金援助を受けていた人工的なイスラム教テロ集団と背中あわせにソ連と戦っていたのだ。

スペンサーは、クライヴがオサマを「俺達の赤ん坊」と呼んでちやほやしていたのと、駆け出しのアル・カイダ集団を、それに相応しい場所で活用するというイギリスの権利に対するCIAの不当な侵入に対する彼の怒りを覚えている。結局イギリスは、帝国統治継続に対する反対勢力としての親米派アラブ・ナショナリズムを破壊するというはっきりした目的と、世界で最も急速に成長している宗教を辱める方法として、オカルト的なムスリム同胞団を1920年代にエジプトで作り出していた。2001年9月11日アメリカはその傲慢さの報いを受けた。ブッシュ政権は意図的に、モサドとイギリスSASの傭兵機関を含めあらゆる来訪者に対して門戸を開きっぱなしだったのだが。ブッシュは望むものを手に入れた。今や我々の番だ。

もしも、"J-boy"にテレパシー能力があったならば、彼は疑いなくスペンサーの思考を共有していたに違いない。二人は古い友人で、非常によく似た仕事をしてきていた。J-boyは、南行きピカデリー線地下鉄の通勤客達の顔をざっと眺めた。連中は三分したら皆死んでいるのだ、と彼は考えた。しかし、これも皆女王と国の為になるのだし、トニーは新しいまっさらの国民証明カードを手にするだろう。その手段が「殺し」なのは残念なことだが、IRAが北アイルランドやイギリス本土でテロリストの残虐行為を実行するのを手伝った長年の経験から、予防的なやりかただけが、政治的に良い結果を生むことが分かっていた。

1974年のバーミンガム・パブ爆破事件。そう、あれも我々の仕事だった。六人の無罪のアイルランド人が刑務所に送られた。だがそれだけでは終わらなかった。J-boyの仕事は、一匹狼のゴードン・カーの元で働いた時から、本格的に面白くなったのだ。DET第14諜報班の工作員として、J-boyはMI5とSASに要求されるまま、立場を頻繁に変えて、共和国軍の人間もロイヤリストも殺害した。年金受給者フランシスコ・ノタラントニオ殺害はJ-boyにとって最高の瞬間だった。それは、民間人が多数死亡する爆破とは対照的に、アイルランドとイギリスにおける、それ以前のどのMI5の暗殺とも比較にならない程の策略が必要だったからだ。サー・ジョン・スチーヴンズが、MI5の彼を殺そうとする工作にもかかわらず、とうとうお楽しみを終わらせた。しかしそれでも、女王の政府は報道機関がそれ以上の名前を明らかにすることを禁じて時間を稼いだ。今どきは、もう検閲は不要だ。大手メディアの連中は自己検閲をしてくれるからだ。朝飯前の仕事だ。

J-boyは荷物を両足の間をうまく滑らせ、ゆっくりとそれを連結部の二重ドア前の立ち席の隅に滑りこませた。電車が駅に到着した時、J-boyは消えた。爆破が21人の「無駄飯ぐらい」の生命を奪い、少なくとも百人の生存者を残りの人生、重要な体の部分を失ったままにする前に、人混みの中に紛れて迅速に脱出した。

J-boyが、MI5のアジトに向かうためアストラ・カブリオの後部座席に消えたころ、トニー・ブレアは微笑みを浮かべてグレンイーグルズ・ホテルのロビーに入った。彼は、最初の三つの爆弾が、わずか数秒の差で爆破したことを知っていた。頭の中で前の晩に準備したセリフをざっとおさらいした。戦時の電撃戦や屈することのないロンドン子の勇気に触れて、何かチャーチル的は発言をする予定だ。それは勇敢で挑戦的なスピーチになるはずだ。誰も爆破が彼自身の工作であるとは疑うまい。それでも、その時までは、ジョナサン・パウエル或いはイアン・グリーソンが彼に対して公式に報告するまで、知らんぷりをしなければならないのだ。パウエルが事前には知らされていなかったのを知っていたが、ジョン・スカーレットがこの件について通報すれば、彼も間もなく十分に知らされるだろう。

ロンドン警視総監のサー・イアン・ブレアは、爆破の話を聞いたときに、驚いたようにみえるように気をつかった。鉄道公安官は、事前の予習で合意した通り、報道機関に対して説明のつかない電圧の急激な変化についてブリーフィングしていた。そのような説明の理由づけは、言われているところのパニックを最小化する必要性と、爆弾がこれから爆発するはずの場所での負傷者数を最大化する、という都合の良い結論に基づくものだ。MI5はサー・イアンには、彼を敏感にしておくという狙いから、計画していた爆発の数について、あえて極めて意図的に偽りの情報を伝えていた。これほど大変に複雑な作戦を、イギリスの首脳、スコットランド・ヤードや諜報組織の連中が知っていたというのは初めてのことだった。実際、偶然に漏れてしまう可能性を考えれば、その規模と大胆さは前例の無い物だった。

サー・イアンはいらいらしていたが、それも当然だった。彼は全ての携帯電話サービスを停止したかったのだが、エリザ・マニンガム-ブラーとトニー・ブレアの二人に退けられており、ブレアは「通勤する人々には攻撃の恐ろしさをデジタル記録する機会が与えられるべきだ」。そう、マドリッド爆破は携帯電話で起爆されたという周知の事実からして、サー・イアンは、ジャーナリストが、なぜサービスの運用継続が許されたか知りたがることが分かっていたのだ。対応は大変な仕事になるだろう。彼は、もちろん、タイマーで爆薬を起爆したことをずっと前から知っていたなどとはいうことはできない。彼はただジャーナリスト連中が、この決定的証拠を見逃して、編集者達が彼らに繰り返すよう主張するはずのマントラを信じ込んでくれるのを願うしかかいのだ。「アル・カイダ、アル・カイダ、アル・カイダ」。サー・イアンは深呼吸し、悪事を徹底的に調査するジャーナリズムを過去のものにしてくれたことに対して、心の中のモレク神(フェニキア人が子供を人身御供にして祭った=大量の人身御供を求める神)に静かに礼をいった。

エリザ・マニンガム-ブラーは、自分の歩みにバネが効いているように感じていた。これは、彼女が多数の無辜の人々の殺戮への参加を許された初めての機会だったのだ。イギリスにとってそれは偉大な日だった。これはつまり、彼女とジョン・スカーレットが、クリントンの象徴的なタリバンに対する懲罰的な巡行ミサイル攻撃の後、CIAに寝返ったアル・カイダや他の全てのテロ行動をする隠れ蓑組織に対する完全な指揮権を取り戻せることを意味している。エリザも、組織の中をかたづけてきていた。オサマに対してなされた支払いに対して内部告発したデヴィッド・シェイラーズのような連中はもはやいなくなっていた。イギリスで訓練し、資金援助した、作法が申し分なく、熱心に女王を思う、親英・反米紳士テロリスト、アブ・カタダを、彼女が庇護していることを暴き出そうとするような企みはもうあるまい。

K部門では、既にスペンサーとJ-boyは二人とも無事で、結果報告中であることを確認した。エッジウエア・ロードの爆破も成功したので、シンプソンも遅からずやってくるだろう。あと残っているのは、グリーン・イーグル、ロートンとペティグルーだけだ。ブレアは、完全に情報を知らされており、彼女は一人で会議電話に出ることになるだろう。偽のアル・カイダのウエブ・サイト問題が依然として残っている。DNSは、依然として、アメリカ、メリーランドのインターネット・サービス・プロバイダーを示していた。イスラエル人の研修生は、流暢なペルシャ語と古典アラビア語を話すある当直警官によると、文法でひどいへまをやらかし、コーランから選んだ一節(アーヤ)の引用を間違えた。MSNBC TVの通訳ヤコブ・ケリャクは、既に、アル・カイダだったら決して声明を世俗的なウェブ・サイトには投稿すまいし、犯行声明にはうっかり秘密を明かすような間違えがあると言っていた。全ていんちきだと彼は嘲った。「これはアル・カイダのやるようなことではない」と言ったのだ。

エリザは、完全主義者で、明らかにCIAの手製とわかるインチキなアル・カイダPR画像と音声を最初は笑い飛ばしたのだが、自分たちの仕事の標準以下の出来映えには大満足というわけではなかった。報道機関はそれでも、脅して服従させられるし、オンライン・ブロッガー達は、気のふれた陰謀説論者として片づけられるだろうし、ウエブ・サイトはお役目を果たしたらすぐ消せばよい。彼女は、「手がかり」を埋め込んで、地下鉄駅での法医学上「証拠」を歪曲する役割を振り付けられた、にわか仕立てのチームが、いつわりのイスラム教過激派をでっちあげる上でずっとうまい仕事をしてくれるように願うしかなかった。だが、おや、コーランを満載したミニバンやら、不思議なことに無事のアラブ人パスポート類が、爆心で見つかったりはしないようだ。マニンガム-ブラーは、ブッシュ政権の鈍感な不器用さを小馬鹿にして、コーヒー・カップに向かってくすくす笑いした。イギリスのテロリズムには、いつだって高級感が漂っているのだ。

http://bellaciao.org/en/article.php3?id_article=6922
上記URLに多数の参考文献リストあり
------
最近偶然読んだ「ニューヨーク大聖堂」という古典ミステリーの分厚い文庫本二冊。アイルランドのテロとイギリス情報部の関係があって、おすすめ。
-------
上記は goose さんの労訳とコメントです。全ての人を永久に騙し続けることは出来ない。

【著者紹介】Michael James is a British freelance journalist and translator,resident in Germany for almost 13 years. Permission to republish hiswork in any media is freelygranted.

http://www.indymedia.org.uk/en/2005/07/317864.html

****
短報】
*インド北部(下記地図参照)の先祖がユダヤ人と称する民族が住む地域にイスラエル人が殺到、麻薬売買で巨富を築き主人面 第二のイスラエル建設か? 「ヒンドスタン・タイムズ」
http://www.islamonline.net/Arabic/news/2005-07/16/article04.shtml

【カンパを頂いた方々にお知らせ】
 7月20日から記事の配信は「アラビア・ニュース」に移行しますが、配信を受けるには下記URLから参加手続きが必要です。手続き完了後に配信先アドレスとカンパされた金額を個メールでお知らせ下さい。倍の期間無料で配信致します。

http://groups.yahoo.co.jp/group/arabianews/

アラブの声ML に掲載された個の他の記事  齊藤力二朗
* イラクに初の対占領軍クルド人武装抵抗勢力が誕生 韓国軍を威嚇
* イラクのシーア派がバスラで反政府大規模デモ シーア派に亀裂
* 米国議会、ブッシュにイラクを撤退するよう警告 サラーフ・アル・モフタール
* 米の犯罪専門特殊部隊SEALがサハラ砂漠に向かうのはなぜか?
* イラク治安軍とバドル旅団が拉致、殺害したイラク人の凄惨な拷問写真
* イラク自爆攻撃で子供多数が死亡 情報操作の影
* 米占領軍、菓子で多数の子供を集め殺害し、抵抗勢力に罪を転嫁
* アルジャジーラ・ネット読者のアンケート 10題 期間6月18日から7月14日
* 占領軍撤退時イラク南部へのイラン軍事介入を欧州が危惧
* アラウィが抵抗勢力に資金提供?

http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

イタリアは3千億ドルの原油欲しさにイラクに参戦 伊国営テレビが暴露

سر صفقة 300 مليار دولار و 3000 جندي إيطالي

 過半数を超える国民の反対にもかかわらず、イタリアがイラクに3千人もの兵士を派遣している理由はイラクの原油であったことが明らかになった。6日付のイラク・パトロールがイタリアの国営テレビRAIが放映した特集から引いて伝えた。
------
 イタリアの国営テレビ局RAIが、「3千億ドルの取引の秘密」と題して放映した20分間レポート番組は、3千人に達するイタリア軍兵士をイラクに派遣した真実を語っている。

 その目的は人道上のものではなく、3千億ドルに相当する原油取引を確保するためであった。またベルルスコーニ首相率いるイタリア政府が、イラクの派遣先としてナーシリーヤを選んだ理由は、イタリア・エネルギー社とイラクとの間に1997年に締結された取引を護るためであったと、レポートは明かしている。

 この超大型取引を護るために、イタリア軍が攻撃されたらナーシリーヤとその近郊地域を護り抜くようレポートは政府に勧告している。

 このイタリア企業と米国のガルフ・オイル社は、イラクの推定原油埋蔵量は、以前見積もられた1160億ドルよりも遥かに多い4千億バーレルであると確認している。つまりイラクは世界最大の産油国であると言うことだ。そのため、イタリアはイラクに、その中でも特にナーシリーヤに、3千人もの兵を派遣することに固執したのだ。
http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=9955
*******
 占領軍が撤退する事態に陥れば、イタリアの努力は水泡に帰し、全てを失うことになろう。
 イタリアでもこの程度の報道はする。自衛隊が住民宣撫工作と物資や米兵輸送を主任務としてイラクに戦争に派兵した理由は、参戦の見返りに、日本がイランのアザデガン油田を開発することに米国は反対しないとする日米密約があったとジャパン・タイムズが当時暴露したことはあるが、何処もフォローせず、ジャパン・タイムズの線香花火に終わってしまった。
******
翻訳広場 http://www.efeel.to/msb/home/rsaito/arabdic/ に翻訳を待っている英文原稿が数本溜まっています。有志は時々覗いて下さい。

アラブの声ML に掲載されたこの他の記事  齊藤力二朗
「イラクでのイスラエルの活動は癌やエイズを広めるなど多様」
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/  


昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。