アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の外務省は齋藤昭彦氏のイラク滞在目的を知ってビザ発給を承認したのか?

 どこの国でも入国査証(ビザ)を発給するのは、渡航希望国の大使館であろう。ところが、ほとんど知られていないことであるが、本年初期から日本人に対するイラクのビザ発給を決めるのは、各国にあるイラク大使館ではなく、何故か日本の外務省なのである。
 
 試みに世界中何処かのイラク大使館にビザ発給申請に行くと良かろう。「出してあげたいけど、日本の外務省の承認が無いと出せない」と言われるだろう。外務省に申請しても、公務員や大手メディア、企業関係者など日本政府により管理可能と判断された者でなければ、突き返されイラク入国を断念した日本国民は数多い。

 契約記者や市民記者などは、必ずしも安全極り無いとまでは言い切れぬが、1国の首相が非戦闘地域であると豪語するイラクのサマーワなどで、憲法を無視してまでも、自己防御用の武器を携行する米兵の軍用機での輸送に励み、日夜、地下深く穴倉に篭もり使命の崇高さに恐れおののきつつ、市販ボトルの百倍の経費をかけ丹精込めて作った貴重な水を惜しげもなく戦乱に苦しむ人々に分け与えるなど、国際貢献と人道支援に明け暮れている自衛隊員を慰問や激励に訪れることすら絶対に出来ない仕組みになっている。

 外務省がビザ申請者の審査を代行するのは、決してイラクの内政に干渉するとか、自国民の渡航の自由を妨害するなどの意図からでは無く、人手も活動費も十分では無いだろうから、厄介な業務をいささかなりとも肩代わりしてあげようとの純粋なる母心からに違いない。

 外務省はイラクのヒート近郊で重傷を負ったとされる英傭兵派遣会社の現場責任者であった齋藤昭彦氏のイラク渡航目的や受け入れ先を掴んでいたであろう。とすると、外務省が同氏にビザ発給を承認したのは何か理由があったのであろうか?
******
【短報】
*イラクのティクリート州評議会、自動車による自爆攻撃多発で同乗者無しの運転を禁止 新法を知らずに同乗者無しに運転していた男をイラク警官が射殺 「アル・ハヤート」 【ジャカルタのように同乗アルバイトが今後流行るかも】

*チュニジアの地方選挙で与党が9割以上を獲得 主要野党は当局の脅迫と賄賂で棄権 投票率は82.7% 「各紙」

*旧アラウィ政府の複数閣僚が腐敗発覚、渡航禁止令発効、警護員剥奪でイラク人の報復を恐れ国外に逃亡 「インディペンデント」 【稼ぐだけ稼いだらトンズラする所詮出稼ぎ組】

*イラク保健省と内務省の情報筋:4月以降連日百人以上が爆発や暗殺などで死亡 「qp」

*米国諜報機関とイラク・シーア派が相互不信 「NR」

*イラク警察の情報筋:ナジャフのマハディー軍狙撃手の発砲で米軍車列の米兵2人が死亡 占領軍は殺害現場周辺を包囲 「im」

*イラク計量品質検査局:占領後に入国した偽り・使用不適商品は5百万点以上 バグダードは世界最大の不良商品市場に変容 外国(特にイスラエル)企業 が無秩序状態に乗じて幽霊代理店経由で輸出 鉄粉入りオーストラリア小麦は輸入禁止し米国産に変更 「qa」

*サダム支持者たちがザルカーウィのグループに合流「イラク解放評議会」設立 「サンデー・タイムズ」

*米軍はバース党支持の抵抗勢力よりもイスラム主義者の対策に注力 「WP」

*米国がアラブ・ラティン頂上会議の成功阻止に懸命 アラブ首脳の参加禁止と共同声明の文言変更に圧力行使 「アル・ワフド」 【米国は自国が参加しない会議を是が非でも流産させたい】

*アルジェリア、60年前の4万5千人の独立主義者虐殺やナチよりも凄惨な拷問でフランスに謝罪と補償を要求 「qa」

本日の他の記事は下記「アラブの声ML」に掲載 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

スポンサーサイト

日本占領と沖縄の現実 辺野古発(AFP 4/18の記事) イラク人の反応

両腕は赤く日焼けし、もみあげとひげは白髪まじりの当山栄さんは、アメリカ海兵隊向け珊瑚礁上の飛行場建設を阻止する戦いの最終決着に備えて覚悟はできている。

当山さんと他の漁師活動家たちが、日本南部の島、沖縄にあるこの村で、夜明けからたそがれ迄、海岸と沖のヤグラ上での座り込みをはじめてから、この火曜日で一年になる。

グリーンピースは、海牛(かいぎゅう)としても知られ、絶滅の危機に瀕している海洋哺乳類ジュゴンの、かけがいのない餌場であるこの美しい、エメラルド・グリーン色をした太平洋岸の海を守る戦いに参加している。

「どんなに大変でも建設は止めさせます。連中には決してここに基地を作らせません」と海底を調査するために設けられた四本の鉄パイプ製ヤグラを用心深く見つめながら、当山さんは言う。

「リグ上の仲間は疲労の極限に近づいています。ここ三カ月が山場になるでしょう」日本政府側が間もなく活動家たちを追い出そうとすることを予期している当山さんは言う。

アメリカ海兵隊は、漁村沖の埋め立て地に長さ2.5キロ(1.5マイル)の飛行場を建設する計画だが、これは皮肉なことに、人口密度の高い宜野湾市から軍隊を移転して欲しいという沖縄県人を喜ばせようという努力の一環なのだ。

沖縄には40,500人の日本駐留米兵の65パーセントが駐留しており、県民は再三負担軽減を要求しているが、日本の他地域は米軍受け入れを拒否してきた。

1996年アメリカ軍と日本政府は普天間飛行場を宜野湾から辺野古に移転することに同意したが、抗議行動に直面して、米軍は、地元の声に耳を傾けること、また東京の政府が望む場所ならどこへでも作ることを強調した。

しかし、焼けつくような太陽のもとで座り込みをしている、多くの老人を含む何十人もの男女は、政府による建設をただ食い止めているだけではない。

「海洋保護区は海兵隊用ではない。ジュゴンを救え。」とヤグラの横断幕には書いてある。「戦争反対。基地反対」

「我々が大変だろうかと思われるかね?連中が基礎ボーリングをするのを阻止した昨年9月のカヌーの戦いをみりゃよかったさ。」とヤグラ上の年配女性が言った。

「数カ月で終わるだろうと思って参加したのさ。それがもう一年にもなるので、毎日の戦いを続けるには、金を借りて夜中に働かなけりゃならないよ」と彼女は言う。

当山さんは双眼鏡で海を凝視し、携帯無線機でヤグラにいる仲間の活動家と話し、政府の船が近くに来ていないことを確かめる。

「イラクに兵士を派遣する米軍基地を日本が受け入れるのを認めることで、無辜の人々を殺す側の一味にはなりたくないのです」と当山さんは言う。

沖縄は1945年の血なまぐさい戦いでアメリカに占領され、ようやく1972年に日本に返還されたが、それゆえ県民の中には朝鮮戦争とベトナム戦争で、米軍を派兵する基地であったことに憤懣を持つむきもある。

県庁職員たちは言う。日米同盟のおかげで、県庁職員は県民と対立させられる立場におかれ、苦しんでいる。

「これまでの首相達が、従来決して沖縄における米軍縮小を進めず、我々だけに全ての負担を負わせていることに怒っています」と那覇にある沖縄県庁職員は言う。

「理想は沖縄から基地を全く無くすことですが、日米の協定があるので、行政側としては、辺野古の工事を止めるとは言えないのです」と彼は言う。

地域紙によって8月に行われた最近の世論調査では、沖縄県民の80パーセントは普天間飛行場を辺野古に移転することに反対だった。

熱帯の魚と海草を獲るという生計の手段を失うことを恐れて、漁師たちも抗議行動に参加している。

漁師たちは活動家たちを船に乗せて海岸とヤグラの間を行き来し、政府が無理やり追い出そうとした場合に彼等を守るべく、日中は海上にとどまっている。

「四カ月これをやってきたが、もう借金せずには暮らせなくなってきたなあ」陽に焼け、潜水服姿も筋骨逞しい61歳の漁師、山城義勝さんは言う。

「だが若者たちが抗議に参加してくれるのを見るのは素晴らしいことだ」と彼は言う。

抗議行動に参加している若者の中には、これまで定職にはついたことがない23歳の西原ルカ?さんがいる。彼は9月に母親と一緒に米軍が海軍と空軍両方の基地を有する神奈川県からはるばるやってきた。

「ジュゴンのことを聞いてやって来ました。ここにいる間パートで食いつないでいます」と彼は言う。

沖縄の反米抗議行動は、1995年に三人のアメリカ海兵隊員が12歳の少女を輪姦した後で燃え上がったが、昨年米軍ヘリコプターが普天間飛行場近くの大学の構内に墜落して新たな怒りが燃え立った。

原文Web
http://iraqtunnel.com/php/index.php?showtopic=624

訳注:
名前の漢字は想像によるものです。ひらかなやカタカナよりも読みやすいので。

参考web 「シンさんの辺野古日記」
http://diary5.cgiboy.com/2/henokonikki/

写真に写っておられる方は「当山栄」さんという方と違うように思えます。当山栄さんの活動については例えば下記を。
http://www.jca.apc.org/HHK/Kokaishinri/8th/Toyama8.html

余計なコメント:
Webで見ると、沖縄タイムスも琉球新報も、大手マスゴミとは質の違う報道をしているようです。
憲法については、壊憲でなく、実現を、安保・日米地位協定については、改定なり廃棄を目指して。
****
上記はgooseさんの労訳とコメントです。
*****
この記事は掲示板付きアラビア語サイトのイラク・パトロールに訳文が掲載された。
【読者からの書込み】
米軍の占領支持者の多くが「日独は英米の占領下で、発展、繁栄したのだから、発展を望むなら占領を受け入れよ」と主張するが、馬鹿げた考えだ。歴史上の事実として、日独は第二次世界大戦以前には科学の面で米国に勝っていた。米国は戦後、諸工業や軍事面でドイツ科学者の頭脳を求めた。日独が復興したのは、米国人に頼らない彼らの技能、知識の高さだ。米国はラテン・アメリカやフィリピンなど多数の後進国を占領したが、これらの諸国は現在まで遅れたままだ。

【別の読者の書込み】
日本は未だに米国の占領下にある。その上、かつては日本人の象徴とされて来た価値観や倫理観などの特質を喪失し、腐敗が蔓延するようになった。
誰が日本と他の民族を救うのか? その答えは、崇高なイラクと、神と祖国、アラブ共同体に忠実なイラク人だ。
****
【短報】
*イラク抵抗勢力とアフワーズ再生隊(反イラン武装組織)、ムジャーヒディーン・ハルク(同)が歴史的な強調協定締結 「im」
http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDNews=63526

*イラク抵抗勢力、サマーワの英軍基地近くで26日に低空飛行中の英軍無人偵察機を撃墜 サイイド・ハーディー村に落下 ロケット弾の発射音が聞かれなかったので故障による落下の可能性もある 「国営クウェート通信」

*イラク中央銀行、イスラム法の原則に則る無利子のイスラム銀行設立を認可 預金受け入れなど銀行業務と投資が主要業務 「qp」

*米軍発砲で負傷した伊女性記者ズグリナ:米軍の責任回避声明はイタリアに対する冒涜 「伊のラ・リポビリカ」

*アンケート:イスラエルを支持するスウェーデン人は8%(2004年の調査) 49%(1960年の調査) PLOへの不支持率は83%(2004年) 74%(1973年) 「スのダギンス・ナイヒテール(発音不確か)紙」

*シリア軍、侵入者を支援してイラク軍に発砲 「AFP」
****
破壊米軍車両写真2枚
http://www.abolkhaseb.net/images/mortar-attack/us-humvee-260405.htm

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

日本占領と沖縄の現実 辺野古発(AFP 4/18の記事) イラク人の反応

両腕は赤く日焼けし、もみあげとひげは白髪まじりの当山栄さんは、アメリカ海兵隊向け珊瑚礁上の飛行場建設を阻止する戦いの最終決着に備えて覚悟はできている。

当山さんと他の漁師活動家たちが、日本南部の島、沖縄にあるこの村で、夜明けからたそがれ迄、海岸と沖のヤグラ上での座り込みをはじめてから、この火曜日で一年になる。

グリーンピースは、海牛(かいぎゅう)としても知られ、絶滅の危機に瀕している海洋哺乳類ジュゴンの、かけがいのない餌場であるこの美しい、エメラルド・グリーン色をした太平洋岸の海を守る戦いに参加している。

「どんなに大変でも建設は止めさせます。連中には決してここに基地を作らせません」と海底を調査するために設けられた四本の鉄パイプ製ヤグラを用心深く見つめながら、当山さんは言う。

「リグ上の仲間は疲労の極限に近づいています。ここ三カ月が山場になるでしょう」日本政府側が間もなく活動家たちを追い出そうとすることを予期している当山さんは言う。

アメリカ海兵隊は、漁村沖の埋め立て地に長さ2.5キロ(1.5マイル)の飛行場を建設する計画だが、これは皮肉なことに、人口密度の高い宜野湾市から軍隊を移転して欲しいという沖縄県人を喜ばせようという努力の一環なのだ。

沖縄には40,500人の日本駐留米兵の65パーセントが駐留しており、県民は再三負担軽減を要求しているが、日本の他地域は米軍受け入れを拒否してきた。

1996年アメリカ軍と日本政府は普天間飛行場を宜野湾から辺野古に移転することに同意したが、抗議行動に直面して、米軍は、地元の声に耳を傾けること、また東京の政府が望む場所ならどこへでも作ることを強調した。

しかし、焼けつくような太陽のもとで座り込みをしている、多くの老人を含む何十人もの男女は、政府による建設をただ食い止めているだけではない。

「海洋保護区は海兵隊用ではない。ジュゴンを救え。」とヤグラの横断幕には書いてある。「戦争反対。基地反対」

「我々が大変だろうかと思われるかね?連中が基礎ボーリングをするのを阻止した昨年9月のカヌーの戦いをみりゃよかったさ。」とヤグラ上の年配女性が言った。

「数カ月で終わるだろうと思って参加したのさ。それがもう一年にもなるので、毎日の戦いを続けるには、金を借りて夜中に働かなけりゃならないよ」と彼女は言う。

当山さんは双眼鏡で海を凝視し、携帯無線機でヤグラにいる仲間の活動家と話し、政府の船が近くに来ていないことを確かめる。

「イラクに兵士を派遣する米軍基地を日本が受け入れるのを認めることで、無辜の人々を殺す側の一味にはなりたくないのです」と当山さんは言う。

沖縄は1945年の血なまぐさい戦いでアメリカに占領され、ようやく1972年に日本に返還されたが、それゆえ県民の中には朝鮮戦争とベトナム戦争で、米軍を派兵する基地であったことに憤懣を持つむきもある。

県庁職員たちは言う。日米同盟のおかげで、県庁職員は県民と対立させられる立場におかれ、苦しんでいる。

「これまでの首相達が、従来決して沖縄における米軍縮小を進めず、我々だけに全ての負担を負わせていることに怒っています」と那覇にある沖縄県庁職員は言う。

「理想は沖縄から基地を全く無くすことですが、日米の協定があるので、行政側としては、辺野古の工事を止めるとは言えないのです」と彼は言う。

地域紙によって8月に行われた最近の世論調査では、沖縄県民の80パーセントは普天間飛行場を辺野古に移転することに反対だった。

熱帯の魚と海草を獲るという生計の手段を失うことを恐れて、漁師たちも抗議行動に参加している。

漁師たちは活動家たちを船に乗せて海岸とヤグラの間を行き来し、政府が無理やり追い出そうとした場合に彼等を守るべく、日中は海上にとどまっている。

「四カ月これをやってきたが、もう借金せずには暮らせなくなってきたなあ」陽に焼け、潜水服姿も筋骨逞しい61歳の漁師、山城義勝さんは言う。

「だが若者たちが抗議に参加してくれるのを見るのは素晴らしいことだ」と彼は言う。

抗議行動に参加している若者の中には、これまで定職にはついたことがない23歳の西原ルカ?さんがいる。彼は9月に母親と一緒に米軍が海軍と空軍両方の基地を有する神奈川県からはるばるやってきた。

「ジュゴンのことを聞いてやって来ました。ここにいる間パートで食いつないでいます」と彼は言う。

沖縄の反米抗議行動は、1995年に三人のアメリカ海兵隊員が12歳の少女を輪姦した後で燃え上がったが、昨年米軍ヘリコプターが普天間飛行場近くの大学の構内に墜落して新たな怒りが燃え立った。

原文Web
http://iraqtunnel.com/php/index.php?showtopic=624

訳注:
名前の漢字は想像によるものです。ひらかなやカタカナよりも読みやすいので。

参考web 「シンさんの辺野古日記」
http://diary5.cgiboy.com/2/henokonikki/

写真に写っておられる方は「当山栄」さんという方と違うように思えます。当山栄さんの活動については例えば下記を。
http://www.jca.apc.org/HHK/Kokaishinri/8th/Toyama8.html

余計なコメント:
Webで見ると、沖縄タイムスも琉球新報も、大手マスゴミとは質の違う報道をしているようです。
憲法については、壊憲でなく、実現を、安保・日米地位協定については、改定なり廃棄を目指して。
****
上記はgooseさんの労訳とコメントです。
*****
この記事は掲示板付きアラビア語サイトのイラク・パトロールに訳文が掲載された。
【読者からの書込み】
米軍の占領支持者の多くが「日独は英米の占領下で、発展、繁栄したのだから、発展を望むなら占領を受け入れよ」と主張するが、馬鹿げた考えだ。歴史上の事実として、日独は第二次世界大戦以前には科学の面で米国に勝っていた。米国は戦後、諸工業や軍事面でドイツ科学者の頭脳を求めた。日独が復興したのは、米国人に頼らない彼らの技能、知識の高さだ。米国はラテン・アメリカやフィリピンなど多数の後進国を占領したが、これらの諸国は現在まで遅れたままだ。

【別の読者の書込み】
日本は未だに米国の占領下にある。その上、かつては日本人の象徴とされて来た価値観や倫理観などの特質を喪失し、腐敗が蔓延するようになった。
誰が日本と他の民族を救うのか? その答えは、崇高なイラクと、神と祖国、アラブ共同体に忠実なイラク人だ。
****
【短報】
*イラク抵抗勢力とアフワーズ再生隊(反イラン武装組織)、ムジャーヒディーン・ハルク(同)が歴史的な強調協定締結 「im」
http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDNews=63526

*イラク抵抗勢力、サマーワの英軍基地近くで26日に低空飛行中の英軍無人偵察機を撃墜 サイイド・ハーディー村に落下 ロケット弾の発射音が聞かれなかったので故障による落下の可能性もある 「国営クウェート通信」

*イラク中央銀行、イスラム法の原則に則る無利子のイスラム銀行設立を認可 預金受け入れなど銀行業務と投資が主要業務 「qp」

*米軍発砲で負傷した伊女性記者ズグリナ:米軍の責任回避声明はイタリアに対する冒涜 「伊のラ・リポビリカ」

*アンケート:イスラエルを支持するスウェーデン人は8%(2004年の調査) 49%(1960年の調査) PLOへの不支持率は83%(2004年) 74%(1973年) 「スのダギンス・ナイヒテール(発音不確か)紙」

*シリア軍、侵入者を支援してイラク軍に発砲 「AFP」
****
破壊米軍車両写真2枚
http://www.abolkhaseb.net/images/mortar-attack/us-humvee-260405.htm

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

米国が日中間の対立を陰で煽動 アラブの大学教授の視点

米国が日中間の対立を陰で煽動 アラブの大学教授の視点

 最近の日中間の軋轢をアラブの識者はどのように見ているのか? 比較的穏健な主張と慎重な報道姿勢で知られる15日付のネット新聞、イスラム・オンラインは、アラブの大学で教鞭を取る外交問題専門家の2人の意見を伝えた。

 両国の軋轢の現状と背景を1ページ半に渡って縷々説明した後、国立カイロ大学政治経済学部で大国の対外政策を講義するムハンマド・フセイン博士の解説が登場する。博士は15日、イスラム・オンラインの記者に次のように説明した。

 米国は事実上の覇権という自国の利益を実現するために、事態を悪化させる方向に日本を導き、中国の耳元で両国の情勢が炎上し続けるように囁いている可能性がある。米国は表面上の態度とは異なり、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに実は反対なのだ。理事国が増え米国の覇権の減少に繋がることを米国は望まない。

 中国と日本の現在の緊張関係は、アラブ・イスラム世界に大きな影響を与えないが、我々は一方の国の機嫌を損ねないように注意し、国連など国際的な枠組みの中で緊張関係を修復するようアドバイスをし、我々の経験を伝えることで、両国を取り込むよう努めなければならない。

 エジプトのヘルワーン大学国際関係論教授のジハード・アウダ博士も、次のようにフセイン博士と同様な意見を持つ。

 米国と日本は戦略的な同盟関係にある一方、米国政府は中国の力と規模を十分に認識しているので、中国との関係保持を望んでもいる。そのため米国は表面上、両国の仲裁をしているように見せかけ、陰では緊張関係を煽動しようとしている。

 緊張が起きた時期は、国際情勢と連結しているのであって、特定の理由があるわけではない。どの国も他国を犠牲にしても、地域の自国勢力を拡大しようとするものだ。

 両国の緊張が、アラブ世界にまで直接的な悪影響を及ぼすとは考えにくい。理由は、両国がアラブ世界でビジネス上の競争をしていないからだ。また、欧米のような世界的な勢力が果たしているようには、日中いずれも、アラブ地域で大きな、或いは実質的な役割を演じていないし、アラブとイスラエルの紛争に果たす役割も見られない。

 アラブ世界は自国の政権確立に傾倒しており、現在のアジアの隣国同士の紛争に何らかの役割を演じるとは考えにくい。
http://www.islamonline.net/Arabic/news/2005-04/15/article10.shtml
****
日本政府は、和平会談を日本で開催すべくパレスチナとイスラエルを日本に招待している。
****
【短報】
*イランの米国籍反体制派、ムジャーヒディー・ハルクの政治部門「イラン抵抗愛国評議会」の会長、イランが民主化されるように米欧に支援を要請 「通信各社」

*イラン南西のアハワーズ(イラク国境近くでアラブ系住民が大部分)でアラブ民族主義を滅ぼすイラン政府の計画に反対して4千人のデモ イラン治安軍と衝突 政府の建物や銀行のガラスを壊す 数百人が拘束される 「アハワーズ・ニュース」

*サダム弁護団のハサーウィナ団長:依頼人のサダム大統領への訪問に協力しなかった国際赤十字(本部ジュネーブ)を今月中にフランスの裁判所に提訴する 「サウジアラビアのアッリヤード紙」

*任期終了のイラク司法相:刑務所が満杯で収容人員を増やすために40億ディナールで建設 「アシャルク・アルアウサト」 【米軍はサッカー場や空港など広い場所を刑務所にしてきたがそれでも足りない】

*シスターニ、統一イラク名簿選出議員は憲法制定に専念すべきで大臣に就任しないよう願う 「qa」

*暫定統治評議会の元メンバー、アドナーン・パチャチ独立民主集団党首は選挙で負け副首相にもなれなかったのでイラクにとどまる理由が無くなり、イラク国内の14事務所を畳み党機関紙「アンナハダ」を閉刊し元住んでいたUAEに帰国 支持者は他政党の門を叩き一部は宿敵チャラビ陣営に参加 「qa」

*人権連帯国際連盟と拷問撲滅世界機構の年次報告書:90カ国約200人権NGOの1154人の活動家がテロ撲滅の口実で拘束されている コロンビアやネパールなどで人権擁護者は反乱者、テロリストと呼ばれている 「エジプトのアル・アハラーム紙」

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。