アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サダム-ラムズフェルド会談報道は窮地の米国が和平妨害の責任転嫁目的で意図的に漏洩 

 ファーデル・バドラーン(イラクの大学教授。自称人間学が専門)が7日付のバスラ・ネットに投稿した。
------
 ラムズフェルドとサダムの秘密会談情報の意図的漏洩は米国の利益に反するから事実であると信じたくなかったが、一部の同僚は秘密会談情報を掴んでいて、協議の結果、私は今では米国が漏洩する理由があったと信じている。会談は事実だ。米国は、サダムが頑固で妥協しないのでイラクのためにマイナスに作用していると伝えたいのだ。

 米海兵隊のソマリア上陸もイラクでの失敗から目を逸らすために勝利が確実な相手を叩く作戦である。米軍には過去にベイルート撤退後にグレナダを侵攻、ソマリア撤退数日後にバグダードを空爆した前科がある。
http://www.albasrah.net/maqalat_mukhtara/arabic/0505/badran_060505.htm
*****
【短報】
*アフリカの角の米軍司令官、イスラム過激派捜索ために20人の海兵隊員がソマリアに上陸したとの報道を否定。隣国ジブチで26人の海兵隊員が軍事訓練したと付け加える 「meol」

*ムワッフィク・ルベイイー国家治安担当顧問などイラク政府の要人、サドルが米軍に対決しないように説得中 ナジャフは嵐の前の静けさ 「im」

*バスラのマハディー軍司令官が記者会見で、サドルの支持者に干渉するとその結果は知らんよと、米軍とイラク警察を恫喝 「im」

*クーファのサドル派の拘束者釈放デモでサドル派5人が負傷 「AFP」

*アムジャド・ズベイディー(イラク人愛国者、政治活動家):米国は1989年に南米の麻薬マフィアに対して初めて使った、2マイルの距離からレーザーを使って正確に標的に、或いは電子チップを貼り付けた自動車を直撃し、高温で炎上するのでロケット弾の痕跡が残らない、高性能な空対地ロケット(ミサイル)を保有している。13日にスウェイラで起きた自動車爆弾による自爆攻撃とされた事件はイラク人に不和の種を植えつけるための米国の報復によるもの 「bn」

*釈放された伊女性記者ズグリナ:米軍がこのように誰も説明を求めない形でイラク人や外国人の殺害継続を不可能にさせるために事件の真相解明を呼びかけ 「スペインの欧州通信」

*ワシントンの消息筋:ペンタゴン高官が機密情報をイスラエルに漏洩した事件は氷山の一角 「UAEのアル・ハリージ紙」

*世界的な調査結果:米国人の年間読書量は本11冊、英国人は7冊だが、アラビア人の平均は僅か1/4ページ 原因は、紙、インク、印刷機が輸入で高価、輸入税も高い、図書館の不足、配本制度の不備、書籍の検閲制度の存在、高い文盲率、子供は読書より歌舞を好む傾向 「meol」 

*サウジアラビア社会問題省の最新調査:同国のハイ・ミス数は23万1千人 アハサー州の離婚率は25%と増加中で、毎日8人  離婚理由は家庭内の不和増大と、一部の衛星テレビや雑誌などで信頼の置けない機関が正道でない社会改革を唱えるからと分析 「サウジアラビアのアル・ジャジーラ紙」 【ハイ・ミス増加の一因は高額の婚資金を嫌い、外国人女性と結婚する男性が多いこととサウジ女性は贅沢で金食い虫だからとは良く聞かれる話】

*死亡者増加でイラクで墓堀請負業者が大繁盛、成金続出 アラブの諺曰く、人の不幸は自分の利益 「iol]
*****
ビデオ ナーシリーヤのマハディー軍の戦闘画面 2004年撮影
http://media.abolkhaseb.net/video/rafidan/MahdiArmy.wmv

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
スポンサーサイト
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。