アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由化なるかサウジ熟女の自動車運転 外国人運転手不要で年間32億ドルの節約に

خلوة النساء بالمملكة مع سواق أجانب تكلف 3 مليار دولار

 米国の解放圧力と保守勢力の反対に挟まれて、女性の自動車運転が禁止されてきたサウジアラビアが揺れている。同国の諮問評議会が、女性に課されている運転禁止令の破棄を勧告するのではとの観測がある。22日付のイラク・パトロールが、サウジ紙などから引いて報じた。

 サウジアラビアのアル・ワタン紙は、諮問評議会のムハンマド・ザルフィー議員の次の発言を伝えた。「多くの同僚の支持を得て、評議会(議員の議員は全員男性)に禁止の取下げを支持するよう日曜日に提案するつもりだ」

 この提案には、女性の運転を禁止する法律の条項が無いことや、禁止しているため百万人の外国人運転手(大方はアジア人)に年間32億ドルも支払っていることなど18の理由が挙げられている。

 同評議員は語る。「世界中からやって来る運転手たちの中には、犯罪者や運転に未熟な者もおり、事件を引き起こし、社会的、経済的な問題の原因となる」

 「少なくとも35歳か40歳を越えた女性に運転許可を与えるが、夫か夫の親族の男性が同乗する場合に限り、幹線や高速道路上を運転を認めるよう提案する」

 だがサウジアラビアのアッリヤード紙は、諮問評議会の大物の次の発言を報じた。「彼はこの提案をすると主張しているが、諮問評議会にはこのような問題を討議する計画は無い」

 なお、ファハド国王に議員が任命されている諮問評議会には立法権は無い。

 また、1990年1月に女性47人が、女性の運転禁止に挑戦し、首都リヤドの通りで15台の車を運転したことがある。警察により直ちに逮捕され、罰せられたが。

 ワシントンに本部を置く非営利組織(NPO)フリーダム・ハウスが実施した調査によれば、サウジアラビアは調査した中東とアフリカの16ヶ国のうち、女性の保護に於いて男女同権を保障する憲法条項が無い唯一の国であり、女性の権利に関しては最も遅れた国であった。ちなみに、チュニジアは女性への権利賦与の点で、アラブ諸国の中で最高位を占めた。
http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=9665
------
 この記事を掲載した、イラク・パトロールの管理人は次のような感想を寄せている。
 35歳か40歳を越えた女性に限定して運転を許可するとは如何なる意味があるのか?この年齢の女性は、誘惑に晒されることがより少ないとでも言うのだろうか? しかも公道を運転するのに、何故夫かその親族が同乗しなければならないのか? サウジアラビアの公道では暴行が横行しているとでも言うのか? サウジアラビア人の男にとって、妻や娘を外国人運転手と二人きりになる車に乗せるのと、女性が自らハンドルを握るのとどちらがより安心なのだろうか?
------
24日付のミドル・イースト・オンラインは関連情報を掲載した。

 ザルフィー議員の提案に対して、反対派は宗教的決議事項への介入だと激怒、彼を辞職させようと提案した議員もいる。このような動きにザルフィー議員は「我国では女性に関する問題を議論しようとすると、多くの困難が持ち上がる。このような問題に、女学校での体育実技を認めるべきかという問題がある」と語った。
 2002年3月、メッカの女学校で火災が発生し、少なくとも14人の女性徒が死亡した。国内メディアや国際的な人権NGOの発表によれば、その理由は、「勧善懲悪機構(通称宗教警察)」が、火事から逃れるためにベールを被っていない女子が校外に出ることを禁じたからだ。
*****
【短報】
*イラク警察ヤーワル副首相の甥をテロ活動に関与の容疑で拘束 
http://us.moheet.com/asp/cunt_show.asp?lol=1549301

*サウジアラビアの36学者:コーランを冒涜したアメリカに神罰が下る 「qp」

*駐米国シリア大使:米軍とCIAとの関係を断絶 「NYT]

*米国高官:一線を越えなければムクタダ・サドルの表舞台への復帰を認める 「LAT」

*イラク軍は忠誠心は無くカネだけが目当てで傭兵と変わらず 「テレグラフ」 
***********
日本を軍国主義に導く「普通の国」論の危険性  【立花隆のメディアソシオ・ポリティクス】
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050517_futunokuni/index.html

アラブの声ML に掲載されたこの他の記事 齊藤力二朗
「心とドル」 米国の総力を挙げた対イスラム大攻勢 【後篇】【9/11から政府海外援助の首位機関の支出は三倍となり、半分以上はイスラム世界に向けられている】

http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
スポンサーサイト
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。