アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境配慮型スイス製地雷破壊装置がスーダン南部で使われる

أحدث جهاز سويسري لتدمير الألغام بجنوب السودان

 スイスが開発した地雷探知、除去装置が20年以上にわたる内戦で多数の地雷が埋設されたスーダン南部で使われることになった。19日付のカタールのアルジャジーラ・ネット(アラビア語電子版)が写真入で報じた。
---------
 スイス当局は最近、最新式の地雷除去装置をスーダン南部に送ることを決定した。アフリカで最長期間の内戦を経験した地域の地雷を一掃する作業に参加させるための措置である。

 スイス製の地雷除去装置、デーガーD1は、完全装甲仕様の車両で、対戦車地雷以外の全ての地雷に適用できる点で他の装置とは異なる。

 装置の設計、製造担当のフレドリック・ゴーン部長はアルジャジーラ・ネットの記者に、「この装甲装置は他の種類と比べて地雷を除去する最良の方法だ」と語った。

 ゴーン部長が記者に見せた新装置は、戦車に似ており、簡単な制御プログラムで遠隔操作が出来る。それにより、非常に精密に地雷を一掃出来る。重量があるので、他の装置が簡単には発見できないような地中深くに埋設されている地雷をも処理できる。

 また岩だらけで、でこぼこの、起伏のある地形などあらゆる地形で使えるよう設計されている。

 この装置の後部には爆破後に散乱した破片を収集する部分が付属している。収集せずに放置すると、これらの破片の大部分である金属片は環境を汚染し、一帯を破片の墓場に変えるという別の問題を引き起こすのだ。そのため、その土壌は農業にも他の何の用途にも使えなくなる。

 「地雷除去スイス連合」はジュネーブ市と協力して、スーダン南部での使用に適合するようにこの新装置の改良と生産に資金を出した。特にこの装置がコソボで大したどの人的被害も出さずに地雷除去に大成功を収めたので、彼の地でのあらゆる平和事業を支援するというスイスの方針により、スーダンの気候、環境状況に合わせて装置を改良する資金援助が得られた。

 なお、触覚や磁石を使って地雷を探知する方法は、危険が付きまとい、精密な探査ができない。人間の能力だけに頼ると、誤って犠牲者を出すこともある。ロボットは十分に装甲化されておらず、単純な地雷の上を通るだけで破壊されてしまうし、経費も莫大だ。

【写真2枚あり】→ http://www.aljazeera.net/NR/exeres/84875B05-B258-48EF-83C2-6ABE74E255E0.htm
******
日本も地雷探知機60台の供与を決めている。
環境配慮型スイス製地雷破壊装置がスーダン南部で使われる

 スイスが開発した地雷探知、除去装置が20年以上にわたる内戦で多数の地雷が埋設されたスーダン南部で使われることになった。19日付のカタールのアルジャジーラ・ネット(アラビア語電子版)が写真入で報じた。
---------
 スイス当局は最近、最新式の地雷除去装置をスーダン南部に送ることを決定した。アフリカで最長期間の内戦を経験した地域の地雷を一掃する作業に参加させるための措置である。

 スイス製の地雷除去装置、デーガーD1は、完全装甲仕様の車両で、対戦車地雷以外の全ての地雷に適用できる点で他の装置とは異なる。

 装置の設計、製造担当のフレドリック・ゴーン部長はアルジャジーラ・ネットの記者に、「この装甲装置は他の種類と比べて地雷を除去する最良の方法だ」と語った。

 ゴーン部長が記者に見せた新装置は、戦車に似ており、簡単な制御プログラムで遠隔操作が出来る。それにより、非常に精密に地雷を一掃出来る。重量があるので、他の装置が簡単には発見できないような地中深くに埋設されている地雷をも処理できる。

 また岩だらけで、でこぼこの、起伏のある地形などあらゆる地形で使えるよう設計されている。

 この装置の後部には爆破後に散乱した破片を収集する部分が付属している。収集せずに放置すると、これらの破片の大部分である金属片は環境を汚染し、一帯を破片の墓場に変えるという別の問題を引き起こすのだ。そのため、その土壌は農業にも他の何の用途にも使えなくなる。

 「地雷除去スイス連合」はジュネーブ市と協力して、スーダン南部での使用に適合するようにこの新装置の改良と生産に資金を出した。特にこの装置がコソボで大したどの人的被害も出さずに地雷除去に大成功を収めたので、彼の地でのあらゆる平和事業を支援するというスイスの方針により、スーダンの気候、環境状況に合わせて装置を改良する資金援助が得られた。

 なお、触覚や磁石を使って地雷を探知する方法は、危険が付きまとい、精密な探査ができない。人間の能力だけに頼ると、誤って犠牲者を出すこともある。ロボットは十分に装甲化されておらず、単純な地雷の上を通るだけで破壊されてしまうし、経費も莫大だ。

【写真2枚あり】→ http://www.aljazeera.net/NR/exeres/84875B05-B258-48EF-83C2-6ABE74E255E0.htm
******
日本も地雷探知機60台の供与を決めている。
*****
【短報】
*モリタニアが11月から7万5千bpdの産油国に 豪社が来年初頭から輸出 推定埋蔵量は2千万バレル 医療と教育は無料に 「qa」

*米国防総省高官が先週イスラエル外務省高官にヨルダン経由でキルクーク-ハイファ油送管(42インチ)の復活の可能性検討を要請  「ハアーレツ」

アラブの声ML に掲載されたこの他の記事  齊藤力二朗
「米軍による攻撃後のファッルージャ 次々に運び出される遺体 長時間ビデオ」
「イスラエルの人権2団体:イスラエルはガザを巨大な牢獄に変えた」
「目で見るイラクの神経・宣伝・情報戦 米国の圧力ででアルジャジーラ・ネットのサイトからから消された漫画2題」
「イラク計画省局長:モスクを破壊した米国はバグダードにアラブ圏最大の教会を数年がかりで建設」
「リビアの反対派がカダフィ退陣を求める会議を今月ロンドンで開催」
「イラクの公共試験所、イタリア軍が提供した妊婦用注射がエイズ汚染と確認」
「イラクの泥沼に嵌った米軍は駐留継続と撤退とどちらがましか? 米国の見方」
「ベネズエラの専門家:米国は意図的にイラクの遺跡を破壊」
「イスラエルが皮膚を除去しないと剥がせない新式弾薬を使用開始」
「米国、イラン関係の実態とイラン核開発の行く末 『後編』」

http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/  


スポンサーサイト
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。