アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルと日米独伊の専門家250人がイスラエルの15ヵ年計画を作成

مستقبل إسرائيل في 15 بندًا

 イスラエルの右派に近い政治・戦略研究の専門月刊誌「ナテフ」は、250人の専門家が作成した15項目からなるイスラエルの2005年から2020年までの将来計画を発表した。18日付のイスラム・メモが同誌から引いて伝えた。
------
 2005年から2020年までのイスラエルの将来計画の作成には、250人の研究者、学者、軍人、経済人、政治家が参加した。イスラエル政府は「2020年の我国の将来」と題したこの計画作成にあたり、自国の研究者や専門家のみならず、日本や米国、ドイツ、イタリア、その他の諸国の専門家も招集したのだ。

 計画の序文には、それぞれの項目が相互に関連しているので、全15項目を実行する必要性を強調、予期しない事態が起きた場合は、一部の項目を変更できると書かれている。

 以下15項目のシナリオ作成を取り仕切ったイスラエル人のアダム・マズル教授は、「イスラエルにとって今後の好ましい平和像に関するこれらの項目は、我々の国家が切望する事柄を極限まで手に入れるために、この地域における米国のプレゼンスを利用するほか、全ての現況とアラブの悪化している弱点を利用することを、我々に求めている」と記している。
 
1条) 土地(原注:パレスチナの全土)に、イスラエル国家とパレスチナ国家の2民族の政体(存在)が設立される。

2条) パレスチナの政体には軍隊の設立や治安軍の巨大化は許されない。(第1条が失敗し、それに伴い第2条も頓挫すれば、パレスチナ人とヨルダンとが連邦、或いは連合の形態で統合されるよう努力する。

3条) アラブ・イスラム諸国は、ユダヤ人がこの地域で生活する権利を認める内容を含む完全な和平協定をイスラエルと締結する。

4条) パレスチナ国家とイスラエル国家いずれにも、パレスチナ人は帰還する権利を喪失する。

5条) イスラエルとアラブの共同事業体を設立する。その支配権はユダヤ人が握り、アラブ人は人力と土地を提供する。

6条) イスラエルと(レバノンの首都)ベイルートや(ヨルダンの首都)アンマン、(エジプトの首都)カイロ、その他のアラブ諸国の首都を結ぶ高速道路を建設する。

7条) アラブ諸国とイスラエルを結ぶ鉄道を建設する。

8条) ヨルダンに居住する外国人旅行客をイスラエルに、またはその逆の、観光ツアーを組むことでヨルダンとの観光開発を促進する。

9条) 死海とヨルダン川の淡水化の共同事業を実施する。

10条) 100万人のユダヤ人入植者を受け入れられるように、不毛なネゲブ砂漠地帯を開発する。それにより2020年にはテルアビブとハイファに続く第3の人口を擁す地域になる。

11条) アラブとイスラエルの戦争状態を終結する。イスラエルの安全保障費を削減する必要がある。

12条) 節減された安全保障費を各主産業の事業費やアラブ諸国への輸出増加の経費に充当する。

13条) イスラエルが多国籍企業のセンター、及び地域の主要な代理業務を行えるように努めることで、経済、商業活動を活発化する。

14条) アラブ諸国の対イスラエル、ボイコットを終結させ、イスラエルへの外国とアラブの投資を増加させる。

15条) 世界に居る半分以上のユダヤ人をイスラエルに誘致する。
http://www.islammemo.cc/taqrer/one_news.asp?IDnews=427
******
安価な労働力と土地を提供し、帰還権も武力も無く、搾取されるだけの隷属状態ならば、特別な慈悲を持って存在を許すが、そうでなければ、ヨルダンに追いやり、その後に万里の長城のような分離壁を築くのがイスラエルの当面の目標であろう。その後押しをするのが米国を中心とする先進諸国や多数のアラブ諸国。

アラブの声MLに掲載されたほかの記事  齊藤力二朗
「モザンビークで訓練された大型ネズミが地雷探知装置や犬よりも有効

http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
スポンサーサイト

コメント

笑っちゃったぜ

 なんとも手前勝手な構想ですなーw。住まわせてやるが抵抗力を持つことは許さんってわけですな。しかし、イスラエルはいつまでこういうことが言える状況が続くと思っているんでしょうか?。アメリカの中東へのプレゼンスがいつまで続くかは分からないけど、今のやり方ではイラクでの失敗を重ねていきそうな気がします。そして、経済的に行き詰まりそうな予感がしてしょうがないw。その負け戦に日本が参加していく悪夢のような未来が……(笑)。
 それに今回のレバノン侵攻のヒステリックなやり方は、イスラエルの横暴さを見せ付けてかえって目標は遠のいた気がしますね。イスラエルにとっての一番の誤算は、イスラエル軍はゲリラ戦には強くないということを示したことでしょうね。前線を作らない地上戦では、圧倒的な力は振るえないw。このことにアラブ側が気づいて、そのための訓練と考え抜いた有効で安い装備を備えれば、イスラエルの敗戦もありえる現状に見えますよ。
 しかし、ここまで憎しみが強まった上でのイスラエルの敗戦になると真のジェノサイドが起こりそうなのが怖いですねw。

  • 2006/08/10(木) 20:21:20 |
  • URL |
  • SEI #hpaPY0GE
  • [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。
TB感謝いたします。

いかにもシオニズムの極みともいえそうな15カ条ですが、これでは問題解決どころか更にテロリズムを激化するだけのものと考えます。「搾取」という言葉にいかにも差別的優越感が見え隠れし、嫌悪感すら覚えます。

こういった屑同然の計画に日本は加担してはいけないどころか、むしろアラブ諸国との友好関係を築くのが平和のためにも優先かと考えます。

長文失礼いたしました。ことらからもTBさせていただきます。
尚、せっかくTBしていただいたのですが
残念ながら文字化けしています。

修正が可能であれば再度TBし直した方がいいかと思われます。
では失礼いたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arabvoice.blog7.fc2.com/tb.php/41-24e50cf4

平和への「希望の星」

小泉首相、1億ドルのパレスチナ支援を表明 小泉首相は16日、首相官邸でパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談し、総額約1億ドルのパレスチナ支援を表明した。また、中東和平に向けて、日本、イスラエル、パレスチナの3首脳会談を東京で開催する可能性を探ることで一

  • 2005/05/21(土) 18:38:02 |
  • ■ BOY VOICE ■ 少年ボイス ■
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。