アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリタニア警察、公道でベール着用の女性を死に至らしめる

السلطات الموريتانية تقتل امرأة لارتدائها النقاب في الشارع

 対テロ戦争という口実でイスラム粛清が続く北西アフリカのアラブ国家モリタニアでまた悲劇が起きた。3日付のイスラム・メモが独立系のモリタニア通信から引いて報じた。
------
 モリタニアの警察官により殴打された直後、首都ヌアクショットの国立病院に運ばれた2日後に、ザイナブ・ビント・ユーソフさんは、昨夜息を引き取った。

 医師団によると事の顛末はこうだ。警察官が妊娠7ヶ月のザイナブさんが通りでベールを被っていることに抗議して殴りかかり流産させた。病院に担ぎ込まれ帝王切開手術をしたが、病状が悪化して死亡した。

 モリタニアの治安機関は、ザイナブさんへの暴行は、公道でのベール着用を禁止する国家の命令違反が理由であると発表していた。政府はベール着用を、アルカーイダの指令に従う行動だと見なしている。

 ザイナブさんが死亡する前に、パリに本部を置くモリタニア人権監視団体は、道路上での女性の拘束や襲撃を非難する声明を出した。
 http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDnews=67787
*****
多くのイスラム諸国では、政府による強引な反イスラム旋風が吹き荒れ、それに抵抗する民衆の反対運動が連日報道されている。

アラブの声ML に掲載されたこの他の記事  齊藤力二朗

「在米最強ユダヤ人圧力団体AIPACの2005会議がユダヤ、アラブ闘争の新時代の幕開け」
「シャロン首相:米国の戦いは、解放、自由と民主主義を目指すもの 戦争勃発時の演説」




http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/  
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/02/24(火) 23:42:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arabvoice.blog7.fc2.com/tb.php/50-0e085975
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。