アラブの声ブログ

「アラブの声ML」から極一部を抜粋、日欧米メディアが伝えない主にアラビア語のメディアからイラク問題を中心とするアラブ・イスラム世界の記事を抄訳し発信。リンクや商業目的以外の転載は自由です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で広がる反米感情 トルコは米国と世界最終戦争? 【前編】

تمرد عالمي ضد الوجود العسكري الامريكي

 多くのアラブ世界には端から端まで米軍の基地で満ち溢れ、中東地域は米国にひれ伏す中、ここ2週間に米国にとり最も重要な同盟国、いやむしろ、北大西洋条約機構(NATO)の最重要な加盟国を含む多くの国で米国に対する反抗と反乱が起きている。20日付のエジプトのリベラル系政治週刊誌、エル・オスボーが報じた。
------
 例外無く世界中で米国の政治に敵対する明白な動きが見られる中、先月再び外国の米軍基地に抗議の炎が拡大した。だが今回は予期していなかった、米国の軍事プレゼンスやブッシュ大統領への敵愾心が増大したNATO加盟国のトルコで起きた。

 トルコ人の敵愾心はトルコで実施された世論調査の結果に示されている。それによると、トルコ人の82%がブッシュ大統領は世界の平和と安全保障に危険であると見なしている。それどころか39%は、米国は敵であり、トルコへの脅威と考えているのだ。

 事態はそれに止まらず、トルコ人は世界が終末を向かえる前に起きる戦争は、米国とトルコの間に勃発すると納得するまでに至った。すなわちトルコでベストセラーとなった「金属の嵐」と題する小説は以下の筋書きになっているのだ。

 「米軍がイラク北部から進発しトルコ南部に襲い掛かる。一方NATOの複数の基地に駐屯する米軍機が、世界の終焉に先立つ戦争で、イスタンブールとアンカラを空爆する。それに対してトルコ人エージェントがワシントンに核爆弾を爆発させ報復する」

 ウォッチャーたちは、増大する敵愾心はイラクに対する米国の侵略に起因すると分析する。敵愾心を抱くのは、イスラム主義者に限らず、西側を支持するエリート層や一部の軍人層にまで広がっている。加えて、エルドアン首相の政党内にすら、特に米国はトルコ南部の軍事基地を戦闘機発進に使おうとしているため、両国間に齟齬が生じ、反米感情が拡大している。

 そこでトルコ人アナリストたちは、「エルドアン首相は米国との直接的対決を目指しているわけではないが、同時に世論や彼自身の政党の考えを無視できなかった。よって彼は、特定の場合にのみ限定してこれらの基地を米国に使わせると発表した。トルコの専門家たちは、いつの日か米軍のエアフォース機がこれらの基地を飛び立ちテヘランやダマスカスを空爆するという恐ろしいシナリオが現実化することを恐れているのだ」と確信している。

 これに基づき、長期の反目の後、最近トルコは明らかにシリアやイランに、それどころかロシアにも、接近している理由が説明できる。基本的にトルコは米国を信頼していないのだ。

【以下は後編に】
http://www.elosboa.com/elosboa/issues/430/0603.asp
*******
【短報】
*傀儡イラク司法相:米国には隠しておきたい秘密があるようだ サダム裁判を妨害と米国を非難 米国はノーコメント 「im AP」

*イラク復興支援約束国は6%しか出していない それさえイラク政府に相談無しに米国が治安費などに勝手に使っている 「qp」

*レバノン共産党、前書記長ハーウィーの暗殺でイスラエルを非難
http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDnews=69969

*湾岸諸国縦横断鉄道建設をサウジアラビアが調査 「ロイター」
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/BB447A32-587A-4208-A01C-44B672BE271C.htm

*スーダンは2007年に百万bpdの原油を生産 「ajn」

アラブの声ML に掲載されたこの他の記事  齊藤力二朗
「ジャーファリー首相、イラク駐留費肩代わりに豪州に1億5千万ドル贈賄」
「イラクの米軍がベヘレズを完全な報道管制下に置き、完全包囲し電気、水、報道陣を断ち猛爆中」
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arabvoice.blog7.fc2.com/tb.php/58-90896641

[必見] 突撃リポート 独立記念館No.1・・・ 斬り!!

行ってきました、独立記念館。いわゆる日帝関係の資料館です。ソウルから約120kmのところにあるのに渋滞しすぎて3時間半位かかりました。帰りもそれ位でしたので往復で7時間もかけてしまいました。しかし収穫はありました。今日から4日間、写真づくしで韓国の歴史教育、反日.

  • 2005/06/26(日) 09:18:44 |
  • 今だからこそ・・・ 韓国斬り !!
昨日 今日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。